賃貸 不動産 -Rental Room Profit Info-top

債務整理・過払い・離婚相談

税理士となる資格を有している者

税理士となる資格を持っている者とは、税理士試験に合格して2年以上の実務経験を持っている者、23年以上税務署に勤務した国税従事者(退職後の税務署職員)、同じ専門職である公認会計士、弁護士となっています。

こうした資格を保有している者ならば、名簿への登録を受けることで、税理士として税務処理業務を行うことができます。

その主たる業務は、税務代理業務、税務書類の作成業務、税務相談の三つですが、これ以外にもこれらに付随する業務として、財務書類の作成や会計帳簿の記帳の代行、などといった財務に関する業務を行うことができます。

リンク

favorite

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3